車検費用にムダなお金を使っていませんか?


 

 

車検が安い

見積もりチラシ

 

車検を受ける前の豆知識

みなさんのお使いいただいてる、お車の車検の更新時期っていつかご存じですか?『え?アレ?』いつだっけ?なんて事がないように~車検証に車検期日が記入されていますので、車検切れがないように今一度ご確認をしておいてくださいね。

免許を持っている人、車を所有している人は『車検』ってなんぞや??という人はいないと思いますが、豆知識として確認の意味を込めてわかりやすく説明してみましょう。車検とは・・・法律で定められた『保安基準』に適合するかどうかの検査になります。

日本の法律では道路を走る車は、自家用乗用車の場合2年に一度(新車時初回は3年に一度)車検を受けることが義務付けられています。この車検を受けなければ『無車検運行』となり違反罰則(違反点6点、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金)に課せられるそうです。車検を受けるためには、まず自動車の点検・整備と自賠責保険に加入する必要があります。

この点検、整備は外部の機関に依頼しなくとも知識がある方もしくは自信がある方でしたら自分で行うことも可能なんです。ご存じでしたか?

いわゆる『ユーザー車検』というのは使用者自ら陸運局に車両を持ち込んで車検を通すことを示します。でも多くの人が整備工場やGSやディラーなどに依頼することがほとんどではないでしょうか?

車検を受ける選択方法はいくつかありますが、みなさんはどこで車検を受けていますか?

①認証工場 ②指定工場(民間車検場) ③車検専門店(フランチャイルズチェーン) ④ディラー ⑤ガソリンスタンド ⑥ユーザー車検代行 ・・・などなど選択肢は色々ありますね。

 選ぶ基準はどうですか?『安い!』『あんしんできて確実なところ』『しっかり見てれアドバイスしてくれる』『近所で都合がよいから』『知り合いだからお願いしている』などなど・・・どんな事を重要視していますか? 

 

話は変わりますが『車検を受けているから次の車検まで整備もしなくても安心だ。』

と勘違いしている人がいますが、これは大きな間違いですのでご注意を!

なぜなら車検では、車検時点で法律に定められた『保安基準』に適合しているかどうかを検査するだけですので、次の車検まで安全性を保障している訳ではないのです。ですので車検に合格したからといって、次の車検まで何もメンテナンスをしなくていいという訳ではなく、常に車検に合格できるようなコンディションの良い状態にするために使用者自ら定期的に自主点検整備をおこなう必要があるのです。

 

といっても、なかなか自分では点検整備を出来ませんし、メンテナンスも忘れがちになってしまいますね。

もしも?愛車の整備状態や維持・管理に自信がない方がいましたら~当店にお任せください!車検を出すところに何か疑問や不安がある方がいましたら、是非一度お気軽にお問い合わせください。

『そろそろ車検が近いな~』とか

『古い車だから交換部品が多くお金がかかりそうだなぁ』とか

『他店の見積もりが予想より高かった』・・・などなど

 

当店の車検はムダな過剰整備は一切しません。ご希望により車検内容も選べます!

お客様の車検に求める内容により判断し適材適所で整備内容をアドバイス!必要に応じてお客様が納得のいくように選んでいただきます。経験のある有資格者の判断で的確にアドバイスいたします。もしも?車検にムダな費用を使ってるって思う方やいつも出してるところに疑問や不満がある方がいましたら、見積もりも無料となっていますので是非一度お問合せください。

 車検費用

 

車検制度の仕組み

 

 

ユーザー車検③

 

 

 

 

 

 車検④

車検③

車検②

車検①

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です