クラウン純正マルチビジョンに純正バックカメラ追加取り付け

業務が忙しく、なかなか整備ブログを更新できずで大変ご無沙汰していました。

今回は、久しぶりにかなり~熱い!?手のかかる作業をしましたので整備ブログを更新しますね~!

『18系クラウン純正マルチビジョン(EMV)に純正バックカメラ追加取り付け・設置』

18系のクラウンの純正バックカメラ無し純正マルチビジョンに車に、クラウンオプションの純正のバックカメラを取り付けするという作業になります。トヨタの高級車と言えば・・もちろんクラウン!

今ではバックカメラなんて全モデル標準装備でしょうけど。当時12~13年前くらいは、グレードによってか?バックカメラがメーカーオプションで標準装備でなかったみたいです。

平成16年式 CBA-GRS182

お客様のクラウンには、社外品の後付けバックカメラが付いていましたが、バック時に映し出される画面がとても見にくいとのことでのご指摘でした。外部入力画面にしてないと映像が切り替わらず映らないとのことでしたので、純正ならRレンジ(バック時)に入れれば自動的に画面が切り替わりますから、そう考えると確かに不便かもしれませんね。

今回の作業は、初めてやる作業でしたので本当に出来るのか?出来ないのか?説明書も配線図もない状態でのスタートでしたので、う~ん・・・何とも不安な感じでもありましたが、

預かれる日数に、お時間をいただけるということでしたのでGo!作業開始となりました。

那覇市 T様 当店を信頼して作業ご依頼していただきありがとうございました。別件の奥様の車のご購入から、クラウンの作業依頼まで何かと当店と深くお付き合いいただきありがとうございます。作業が長らくお時間がかかってしまいご迷惑をおかけしました。

 ローダウンとインチアップホイールで、さりげなくスマート!タイヤ廻りがなかなかカッコよく決まっていますね!!

 

 

社外品のバックカメラはナンバー灯左側のところに取り付いていましたが、純正品は左右ナンバー灯の中央当たり真ん中ですので、そこに取り付けしていきます。

 

トランクの取り付け箇所にフリーハンドでラインを引き穴をあけ鉄板をカットします。

純正カメラを取り付けしました。仕上がりはこんな感じになります。やはり純正のほうがスッキリしていてGoodですね!

これだけで、終わればとても簡単な作業なのですが。。。(汗)

純正マルチビジョンに純正バックカメラを接続するには、市販のカーナビのカメラを取り付けるように、簡単にハイ終わりって訳にはいきません。アシストコンピューターにカメラからの映像を入力させて、マルチビジョンに映像を映し出しています。純正ならハンドルを切った時にガイドラインも表示されます。

ですので、マルチビジョンやアシストコンピューターなどその他数多くの箇所からのコネクターや配線などを手作りで加工しなければなりません。

スッキリ!仕上がりはこんなでいい感じです!!

 

まずは、おせんべいを食べながらじぃーっと配線図とにらめっこをします(笑)

手前にあるのがアシストコンピューターです。

奥にあるのが、おせんべい(ぽたぽた焼き)です(笑)とくに作業とは関係はありませんが(笑)

まず配線図を理解しないと何もかも作業が進みません。いつも配線図を見慣れている人なら呑み込みが早いのでしょうけど。トヨタ車なども含め、めったに配線図など見る機会がないので全体の電気の流れを理解をするまでかなり時間がかかりました。電装は得意分野でもあり好きなのですが、普段あまり使わない頭の回路をフルに回転させないと出来ない内容でしたが、とてもやりがいがある楽しい時間でもありました。

トランクスペースについているワイヤーハーネスプルーフをバックカメラ車用に交換しました。見た目はまったく同じですが、バックカメラ用は配線や端子の数が増えています。

配線は基盤状になっていて、トランクを開けると配線状基盤のベルトも伸びる仕組みになっています。要するに、バックカメラやナンバー灯などを繋がる伸びる基盤状のベルト式配線というイメージです。

取り付け位置はこんな感じで付いています。

配線とコネクターを組み合わせ作っていきます。写真の画像のこれだけではありません。もっと沢山作らなければいけないので、かなり時間を要します。

 

アシストコンピューターは助手席足もとに取り付けします。マルチビジョンからは配線を増設してアシストコンピューターと接続させます。

取り付け前の写真。

ダイアグ検査メニューを出して点検します。バックカメラ無し車の場合。検査メニューを出すとカメラ検査がグレーになっています。

取り付け後の写真。

アイコンの色が変わりました!

ワォ~!ひときわ感激が走る瞬間でした!ヤッタね(^^♪ 要するに、これで純正バックカメラが作動するってことになります!

ガイドラインも出てきました!やはり純正は見やすいですね!

ハンドルを切るとガイドラインも動きます!やはり純正は見やすい!ホッとした瞬間でした(^▽^)/

配線図やコネクターの番号など資料がないと出来ない作業でしたので、とても時間がかかる作業でした。全てが完了し作動がOKになった時はとても達成感がありましたね。

お客様にも喜んでいただけることができましたので、自分でもとても満足のいく久々にかなり熱い!?作業でした!

 

 

 

車検費用にムダなお金を使っていませんか?

 

 

車検が安い

見積もりチラシ

 

車検を受ける前の豆知識

みなさんのお使いいただいてる、お車の車検の更新時期っていつかご存じですか?『え?アレ?』いつだっけ?なんて事がないように~車検証に車検期日が記入されていますので、車検切れがないように今一度ご確認をしておいてくださいね。

免許を持っている人、車を所有している人は『車検』ってなんぞや??という人はいないと思いますが、豆知識として確認の意味を込めてわかりやすく説明してみましょう。車検とは・・・法律で定められた『保安基準』に適合するかどうかの検査になります。

日本の法律では道路を走る車は、自家用乗用車の場合2年に一度(新車時初回は3年に一度)車検を受けることが義務付けられています。この車検を受けなければ『無車検運行』となり違反罰則(違反点6点、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金)に課せられるそうです。車検を受けるためには、まず自動車の点検・整備と自賠責保険に加入する必要があります。

この点検、整備は外部の機関に依頼しなくとも知識がある方もしくは自信がある方でしたら自分で行うことも可能なんです。ご存じでしたか?

いわゆる『ユーザー車検』というのは使用者自ら陸運局に車両を持ち込んで車検を通すことを示します。でも多くの人が整備工場やGSやディラーなどに依頼することがほとんどではないでしょうか?

車検を受ける選択方法はいくつかありますが、みなさんはどこで車検を受けていますか?

①認証工場 ②指定工場(民間車検場) ③車検専門店(フランチャイルズチェーン) ④ディラー ⑤ガソリンスタンド ⑥ユーザー車検代行 ・・・などなど選択肢は色々ありますね。

 選ぶ基準はどうですか?『安い!』『あんしんできて確実なところ』『しっかり見てれアドバイスしてくれる』『近所で都合がよいから』『知り合いだからお願いしている』などなど・・・どんな事を重要視していますか? 

 

話は変わりますが『車検を受けているから次の車検まで整備もしなくても安心だ。』

と勘違いしている人がいますが、これは大きな間違いですのでご注意を!

なぜなら車検では、車検時点で法律に定められた『保安基準』に適合しているかどうかを検査するだけですので、次の車検まで安全性を保障している訳ではないのです。ですので車検に合格したからといって、次の車検まで何もメンテナンスをしなくていいという訳ではなく、常に車検に合格できるようなコンディションの良い状態にするために使用者自ら定期的に自主点検整備をおこなう必要があるのです。

 

といっても、なかなか自分では点検整備を出来ませんし、メンテナンスも忘れがちになってしまいますね。

もしも?愛車の整備状態や維持・管理に自信がない方がいましたら~当店にお任せください!車検を出すところに何か疑問や不安がある方がいましたら、是非一度お気軽にお問い合わせください。

『そろそろ車検が近いな~』とか

『古い車だから交換部品が多くお金がかかりそうだなぁ』とか

『他店の見積もりが予想より高かった』・・・などなど

 

当店の車検はムダな過剰整備は一切しません。ご希望により車検内容も選べます!

お客様の車検に求める内容により判断し適材適所で整備内容をアドバイス!必要に応じてお客様が納得のいくように選んでいただきます。経験のある有資格者の判断で的確にアドバイスいたします。もしも?車検にムダな費用を使ってるって思う方やいつも出してるところに疑問や不満がある方がいましたら、見積もりも無料となっていますので是非一度お問合せください。

 車検費用

 

車検制度の仕組み

 

 

ユーザー車検③

 

 

 

 

 

 車検④

車検③

車検②

車検①

創業祭♪ガラスコーティングキャンペーン実施中です!

本日は、お得な情報をお届けいたします。 撥水コーティング施工のキャンペーンのご紹介です!この水弾き具合を一度体感したら病み付きになること間違いありませんよ~是非一度お試しください!   好評に付き期間延長しました!! ジ […]

在庫販売は価格が高くなる理由とは・・・

みなさんこんばんは~お疲れ様です。

今日はお題にも書き込みしましたが、在庫販売の価格が高くなる理由について少しお話をさせていただきたいと思います。通常の在庫を抱えている中古車販売店のどのようなイメージで描くでしょうか?

沖縄には数多くの中古車販売店が存在していますね。デパートの屋上などでは定期的に各グループ中古車フェアーがおこなわれています。通常の中古車販売店といえば、大きな展示場・ショールームに年式、メーカー問わず数多くの車が並べられている・・・そんなイメージを抱きませんか?

 

 ⑥

 

そうです。実は一般的にイメージする「在庫販売」にこそ、価格が高くなる理由が潜んでいます。何故なら、中古車は時間とともにその価値=価格が下落していきます。そのため在庫販売をおこなう中古車販売店は在庫を持った瞬間から下落し続ける商品に対していかに早く販売できるかを考えなくてはなりません。さらにそれだけではなく、在庫販売においては多くの車を展示するために、大きな敷地と設備が必要となりコストが大きくかかってしまうのです。在庫販売型の中古車店にとって、このようにいつ売れるかも判らない車を多く抱えることは、リスクを背負うとともに維持費・管理費・人件費などのコストも大きく発生してしまうからです。定期的におこなわれている中古車フェアーでもかなりの経費がかかっているのもご存じですか?

つまり、在庫販売ではリスクや維持・管理・人件費が販売する中古車の価格に反映されてしまうので

在庫販売型の中古車販売店はコストがかかるので、価格が高くなってしまうのは仕方がないのです。

ですが!

弊社では、旧来の在庫販売方法ではなく新しいスタイルで、これらのリスクを解消し低下価格で良質な中古車をご提供することを可能としています。

毎週15万台を超える全国のオートオークション会場から、ご希望にあった理想のお車を探すことが可能です。

但し、車ネットオークション販売にもデメリットもあります。現車が手元にないので、最初の時点では試乗したり現車を見ることができません。このような不安を解消するために、お客さまにはオークションの内容を詳しくご案内をさせていただいております。例えば、オークション出品票の見方や現車の下見サービスなど・・オートオークションについての仕組みを詳しくご説明しています。仮に現車が当日まで見れないとしても、不安が解消されれば良質で低価格の中古車のほうがいいと思いませんか?

弊社ではあんしんと低価格を売りにしています!見積もりも無料ですので是非一度お問合せください。 

 

あんしん中古車をぷらすセブンでどうそ!!